今注目のホームヘルパーの魅力

求人も将来性も期待できるケアマネジャー

TOPICS

福祉用具の知識がつく!福祉用具専門相談員
ホームヘルパーとは

ホームヘルパーの魅力ややりがいなど、今注目されているホームヘルパーに関する様々なことをご紹介しています。ご質問などがありましたらこちらの【お問い合わせ先】にてお待ちしております。

将来性が期待できる!ケアマネジャー

ケアマネジャーは介護を必要とする人が充実したサービスを受けられることを目的とした、介護保険制度に関する仕事がメインとなります。介護保険制度をよく理解して、最適な介護保険サービスを受けるための中核を担っています。ケアマネジャーの資格や仕事内容についてご紹介します。

将来性が期待できる!ケアマネジャー
Pocket
LINEで送る

ケアマネジャーの資格

ケアマネジャーの資格を取得するために受験をするためには、まず受験資格を有している必要があります。大きく分けて国家資格を有しているケースと有していないケースに分けられることができます。まずは国家資格を有している場合の受験資格についてです。
保険・医療・福祉分野での国家資格を持っているケースでは、5年以上働いている経歴を持っていて900日以上の実務経験が条件になります。有していなければならない国家資格として介護福祉士、社会福祉士、看護師、准看護師、栄養士、保健師などがあります。介護の仕事と関わりの多い介護福祉士からケアマネジャーの資格を取得するという人が多いので、介護福祉士として受験資格を有するための実務経験を積みながら目指す人も多いです。
国家資格を有していない人でも受験資格を持つことができます。国家資格を持っていない場合では、老人福祉施設や在宅介護業務に5年から10年の実務経験を積んでいることで受験資格を持つことができます。

ケアマネジャーの役割

ケアマネジャーは介護保険サービスを利用するために生まれた比較的新しい職種です。介護保険制度は高齢化社会に向けて充実した福祉サービスを保険を利用して受けるために作られました。しかし介護保険制度をよく理解しなければ介護保険サービスを利用することは難しいので、知識のない人でも介護保険サービスを利用できるようにケアマネジャーが介護保険を受けるための申請などを代行する役割がメインとなります。

仕事内容

ケアマネジャーの仕事は多岐に渡りますが、大きく分けて介護相談と要介護認定の書類作成代行、そしてケアプランの作成の3つとなります。
介護相談では利用者とその家族の要望をしっかりと聞き取り、相談内容をもとにして最も適切な介護サービスを受けられるように手助けをします。そのため利用者と家族の要望をしっかりと把握することはとても大切な仕事になります。
介護サービスを受けるためには要介護認定の手続きが必要となります。この手続きは自治体に対して申請するための細かな書類作成と専門的な知識が必要になります。これらを利用者やその家族に代わって作成、申請することも仕事です。
そして利用者と家族の要望を叶えるためのプランがケアプランと呼ばれるものです。このケアプランはどういったサービスを受けるのか、これをどのようなスケジュールで行っていくのかを目に見えるように作成します。

必読の記事!

今後必要不可欠となる訪問介護

現在福祉業界では実現を目指して進められている地域包括ケアシステムのこともあり、訪問介護がとても注目されています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で過ごすことの実現に必要不可欠な訪問介護についてご紹介します。詳細へ