今注目のホームヘルパーの魅力

ヘルパーが転職の武器として持っておきたい介護福祉士

TOPICS

福祉用具の知識がつく!福祉用具専門相談員
ホームヘルパーとは

ホームヘルパーの魅力ややりがいなど、今注目されているホームヘルパーに関する様々なことをご紹介しています。ご質問などがありましたらこちらの【お問い合わせ先】にてお待ちしております。

転職の武器になる!介護福祉士

介護業界の中で国家資格である介護福祉士の資格とその仕事内容について説明します。介護福祉士の資格を取得するためには資格試験を合格するための勉強はもちろんですが、受験することにも必要な条件があります。

転職の武器になる!介護福祉士
Pocket
LINEで送る

介護福祉士の資格

介護福祉士は国家資格であるため、介護福祉士を名乗れるのは資格を有している人に限られます。介護の中でも花形と言われる介護福祉士の資格を取得するためには2つの取得方法があります。1つは厚生労働大臣の指定している介護福祉士養成施設を卒業して、その後国家試験に合格することです。もう1つは3年以上介護業務に従事している実務経験を持ち、且つ実務者研修を修了しているという受験資格をクリアして国家試験に合格することとなっています。
介護福祉士の国家試験は合格率が上がっている傾向がありますが、試験が簡単になっているわけではなく、今後成長していく介護業界を考えて真剣に試験勉強に取り組んでいる人が増えているということが合格率を上げている一因になっています。資格を取得することができれば仕事の幅が増え、就職、転職の際にもとても心強い資格となりますので、しっかりと学習対策をして資格を取得しましょう。

介護福祉士の役割

介護福祉士の役割は日常生活が困難である高齢者や、身体や精神に障害のある人に身体介護をすることです。そのため自身が介護をするだけではなく、介護をする家族の方に対してもどういった介護をすれば良いのかなどのアドバイスをする役割も持っています。
介護福祉士の資格を有している人と有していない人で仕事内容にそこまで大差はありません。資格を持っていない人も介護の仕事をすることは可能です。しかし給料や就職に関する面では無資格よりも優遇され、採用されやすいことは間違いありません。

仕事内容

介護福祉士が実際に行う業務には身体介護があります。食事や排泄、入浴のサポートといったものが身体介護になります。車椅子の乗り降りや歩行援助なども仕事になり、日常生活で困難な動作は人によって異なるため、利用者が求めているサポートを常に考えて仕事をすることになります。
そして生活援助では食事や洗濯、掃除などの日常的な家事を行うことも業務に含まれます。在宅介護であれば利用者の自宅に訪問してこれらの家事を行うため、その利用者の家のやり方をよく理解して援助をしていくことになります。特に利用者本人のプライベートな空間に入って仕事をするため、その人なりの生活という点を意識して仕事をすることが大切です。

必読の記事!

今後必要不可欠となる訪問介護

現在福祉業界では実現を目指して進められている地域包括ケアシステムのこともあり、訪問介護がとても注目されています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で過ごすことの実現に必要不可欠な訪問介護についてご紹介します。詳細へ