今注目のホームヘルパーの魅力

需要が特に高まる訪問介護ヘルパーについて

TOPICS

福祉用具の知識がつく!福祉用具専門相談員
ホームヘルパーとは

ホームヘルパーの魅力ややりがいなど、今注目されているホームヘルパーに関する様々なことをご紹介しています。ご質問などがありましたらこちらの【お問い合わせ先】にてお待ちしております。

今後必要不可欠となる訪問介護

現在の日本は超高齢化社会の突入に向けて、各自治体が地域包括ケアシステムを確立する動きがあります。そのため訪問介護の重要性はどんどんと高まり、それに伴って訪問介護の需要もとても高くなる傾向にあります。訪問介護の重要性と今後の課題についてご紹介し、その上で働くメリットになる点についても合わせてご紹介します。

今後必要不可欠となる訪問介護
Pocket
LINEで送る

訪問介護の重要性

地域包括ケアシステムとは地域密着型の医療と介護に関する考え方で、そのシステムの実現に対する試みの一つが在宅介護に注目していることが特徴です。地域包括ケアシステムの目的は簡潔に説明すると、住み慣れた地域、自宅にて老後も過ごすことができることになります。そのため、住み慣れた自宅で介護を受けることが重要で、介護施設に頼ることのない介護が大切な役割を担います。
その大切な役割を果たすことができるのが、訪問介護であり、ヘルパーの仕事となります。多くの高齢者も実際に住み慣れた地域、そして自宅にて終末期を過ごしたいと考えている人が多く、訪問介護の重要性は高まっています。需要が高まっていく一方で、訪問介護は課題も多く抱えています。

訪問介護の課題

訪問介護の抱えている課題の一つに人手不足があります。この課題は深刻で、訪問介護のみならず介護業界全体が抱えている大きな課題とも言えます。介護業界全体が抱えている課題ではありますが、訪問介護の仕事をこなすヘルパーの人手不足はより深刻です。
ヘルパーの仕事を進めていくために、介護施設よりも利用者とその家族とのコミュニケーションが大切になります。ヘルパーは自宅に伺って仕事をするため、施設よりも利用者との距離が近いということが言えます。利用者との距離が近いためクレームも少なからずあります。こうした利用者からのクレームについての不安は常に持ちながら仕事を進めていくため、ある程度スキルを持っている人でも大変に感じてしまう仕事です。こうした仕事内容から介護施設へと戻りたいと考えるヘルパーも多く、どうしても人員が不足してしまいがちです。

ヘルパーとして働くメリット

このように大変な仕事であることから人員が不足してしまいがちなヘルパーですが、一方で働くメリットも十分あります。ヘルパーとして働くメリットは、時間に関して融通が利きやすいという点です。介護施設では基本的にチームプレイが求められるため、なかなか自分の都合の良い時間だけというのは難しいです。しかしヘルパーは短時間で働きたいという希望や、夜勤なし、平日のみ働きたいといった希望が通りやすいと言えます。

必読の記事!

今後必要不可欠となる訪問介護

現在福祉業界では実現を目指して進められている地域包括ケアシステムのこともあり、訪問介護がとても注目されています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で過ごすことの実現に必要不可欠な訪問介護についてご紹介します。詳細へ