今注目のホームヘルパーの魅力

今注目のホームヘルパーの魅力

ヘルパーにおすすめしたい転職前の施設見学

TOPICS

福祉用具の知識がつく!福祉用具専門相談員

転職前に施設見学をしておくのがおすすめ

転職活動を行う際、文字情報だけでは分かりにくい点もでてくるかもしれません。特に介護業界は、転職先を決める前に職場見学を行うことで、実際の働くイメージを掴みやすくなったり、転職先の雰囲気を肌で感じることができます。企業と自分との相性を知るためにも、転職前に施設見学をしておくことをおすすめします。

転職前に施設見学をしておくのがおすすめ
Pocket
LINEで送る

施設見学をするには

介護施設などでは、求人情報や企業のWebサイトに、施設見学について記されていることがあります。もし、見学についての記載がないときは、直接電話やメールなどで問い合わせてみましょう。あわせて希望日時や持参するもの、服装などの確認をしておくと安心です。
また、施設見学のタイミングとしては、求人に応募する前であったり、面接と同日であったり、施設によって変わりますのでしっかり確認しておきましょう。転職支援サービスを使うと、担当者が日程調整を行ってくれるケースもあるようです。

確認したいポイント

実際に見学する際は、どこに注目して確認するかチェック項目を考えておくと不安を解消でき有意義な時間にすることができます。そのためにも、企業のWebサイトを確認しておき、活動内容などの情報を得ておくと良いでしょう。見学当日は、施設の衛生面や設備、雰囲気などを確認したいところです。
質問内容は、「1日の流れ」や「夜勤の人数体制」、「どのような利用者さんが多いか」など具体的に尋ねてみると、実際の働くイメージにつながります。ほかにも、「入社前に準備しておいたほうが良いこと」や「キャリアアップ制度」などのような意欲を感じる質問を考えておくと良いでしょう。積極的に尋ねることで、やる気や意欲をアピールするきっかけの場にもなります。

訪問する際のマナー

施設を訪れる際は、どのような服装で行ったら良いか気になるかもしれません。特別な決まりがあるわけではないようですが、スーツなどのフォーマルな服装だと好ましいでしょう。シャツにスラックス、ブラウスにスカートなど清潔感のあるオフィスカジュアルも無難です。心配な場合は事前確認をすると確実です。持ちものとしては、メモ帳、筆記用具のほか、A4サイズの書類が入るバッグを持っていくと、パンフレットなどの書類も入れることができます。面接と同時開催の場合などは、履歴書や職務経歴書などを持参と指定されている場合もあるようですので忘れずに準備を行いましょう。
施設の利用者さんは感染症にかかると重症化しやすい傾向があります。体調を整え感染症対策も行いましょう。また、施設は利用者さんの生活の場でもあります。プライバシーにも配慮し見学に参加しましょう。最後に、見学のお礼や、気持ちの良い挨拶を心がけることで、第一印象を良くすることができます。施設見学も面接だと捉え、しっかりと臨みましょう。

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーの魅力ややりがいなど、今注目されているホームヘルパーに関する様々なことをご紹介しています。ご質問などがありましたらこちらの【お問い合わせ先】にてお待ちしております。

必読の記事!

今後必要不可欠となる訪問介護

現在福祉業界では実現を目指して進められている地域包括ケアシステムのこともあり、訪問介護がとても注目されています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で過ごすことの実現に必要不可欠な訪問介護についてご紹介します。詳細へ