今注目のホームヘルパーの魅力

ヘルパーの面接で把握しておきたい質問内容と答え方

TOPICS

今後必要不可欠となる訪問介護
ホームヘルパーとは

ホームヘルパーの魅力ややりがいなど、今注目されているホームヘルパーに関する様々なことをご紹介しています。ご質問などがありましたらこちらの【お問い合わせ先】にてお待ちしております。

想定しておくべき面接での問答

転職を考えれば転職先で働くために面接は避けては通れません。そしてその面接では自分の職歴といった様々な質問をされ、その回答によって採用か不採用かの判断が行われます。介護業界で質問されやすい内容を把握して、面接官が採用したいと思ってくれるような答えを用意しておきましょう。

想定しておくべき面接での問答
Pocket
LINEで送る

退職した理由

介護職の面接でよく聞かれる理由というよりも、介護職だけではなく他の職業で面接をする際にもよく聞かれる理由です。そしてよく聞かれるというよりも、言ってしまえばほぼ確実に聞かれると言っても過言ではない質問となります。介護職は業界全体が離職率の高い現状と、人手不足という課題を抱えているため、求人にお金をかけて採用した人材がすぐに離れてしまうということを極端に嫌います。そのため前職で退職した理由は、求人側は自分たちの仕事で退職しないかどうかの判断のため必ず聞いておきたい内容になります。
では前職を退職した理由についての答え方についてです。このような背景があっての質問であるため、前職を辞めた経緯が「人間関係が上手くいかなかった」という内容はあまり好まれません。本当の退職理由が人間関係に関することであったとしても、そのまま人間関係のトラブルによることを伝えることは避けましょう。前向きな理由に変換して、なるべく前向きな言葉を使用することを意識して答えましょう。

職歴についての質問

求人側は今までどういった経験をしてどういった仕事で活躍してくれるのかといった点も採用か不採用かの判断する一つのポイントになっています。そのため履歴書に書く職歴や経歴といったところを注目します。施設系の求人に応募を考えているが、職歴に訪問介護が多い場合はなぜ訪問介護から施設で働きたいと思ったのかを質問されることが多いです。
この質問に対する答え方のポイントとしては、今までの職歴を見て、応募している求人側の目線に立って考えることが大切です。職歴から職務内容が少し変わっている求人へ応募するのであれば、まず聞かれると思って答えを想定しておきましょう。当たり前ですが「なんとなく」とは答えられませんので、職歴に書いている仕事を通してこの職務を行いたいと考えたという経緯を説明ができると良いです。

どういったことをしたいのか

この職場で今後どういったことをしたいのかという質問もとても多く聞かれる質問です。この質問に対する答え方としては、やりたいことを伝えるだけでは不十分です。自分がやりたいことをするために企業が存在しているわけではありませんので、今まで自分が仕事をしてきた経験をこの職場で活かすことができるというところも押さえて答えることがポイントです。

必読の記事!

今後必要不可欠となる訪問介護

現在福祉業界では実現を目指して進められている地域包括ケアシステムのこともあり、訪問介護がとても注目されています。高齢者が住み慣れた地域や自宅で過ごすことの実現に必要不可欠な訪問介護についてご紹介します。詳細へ